2010年5月アーカイブ

 

 

こんにちは!

ほんわか社員です。

 

 

 

昨日とは打って変わって、今日はとってもいい天気です。(東京限定の話です)

 

新宿に行く用事があり、ついでにフラっとビルの屋上に行ってみました。

デパートの屋上は以外と気持ちがよいのですが、皆さん知ってましたか?

 

天気の良い休日にデパートなどに買い物に行ったときなど、地下の食品売り場で

おいしそうな惣菜などを吟味して、屋上へGO!

 

なんてことをよくやってました。

 

 

もうこの時期からビヤガーデンをやっているところもあるみたいですね。

それはそれで別の機会のお楽しみなのですが・・・。

 

 

今日は、とっても気持ちの良い屋上だったので、皆さんにご紹介したいなと思いました。

 

小路.JPG

 

英国風庭園です。

 

いろいろな種類のハーブが植えられていました。

緑も美しかったです。

 

庭園風景1.JPG

 

こ~んな感じです。。。

 

 

そして、イングリッシュガーデンにはなくてはならない、あのお花ももちろんありました。

 

ばら.JPG

 

そう、今が見頃なのですね。

 

とっても美しく咲いていました。

 

 

なんというか、地面はアスファルトばかりで土なんて全然ないのに、

こんなに地上から離れているビルの屋上に、地面にあるべきものがあるのが、

ちょっと不思議な感じはしますが・・・・。

 

都会のオアシスとはまさにこのことなのですね。

赤いベンチ.JPG

 

ちょっとの間ですが、素敵な時間を過ごせました。。。。。

 

 

 

 

こんにちは!

ほんわか社員です。

 

 

 

先週、今週と、週末の天気が良くて気持ちよかったですね!(関東地方限定です)

 

その天気の良さに、久しぶりにケーキを焼いてみました。

砂糖は、もちろん本和香糖。

蜜には、上赤糖・琥珀を使ってみました。。。。

 

本和香スポンジ蜜掛け.JPG

 

どうでしょう?

 

久しぶりの割には、結構ふっくら焼けました。(何で上手く行ったかは分からないのですが・・・)

 

本和香糖を使っているせいなのか、とても上品で、甘いけど、甘ったるくない甘さになります。

蜜をかけるとさらにおいしさアップ!! と結構満足!な感じでした。

 

 

 

 

ってな話を、翌月曜日にしていたところ、画像を見た、珈琲にうるさい輩が、一言、

" ちゃんと本和香糖に合う珈琲を淹れてんだよな? " と言いました。

 

" ????、 それってどんな珈琲なんですか? "

 

 

" 馬鹿っ! お前そんなことも知らないのか?

    本和香糖の上品な甘さには、ガツーンとした珈琲を合わせるのが基本だろ! "

 

" そんな基本、オギャーと生まれてから今まで聞いたことないですよ!

    だいたい、ガツーンとした珈琲って何? わさびがガツーンと来るのは知ってますけど "

 

 

" だから、お前はダメなんだ!(って、もうお前呼ばわりだし・・・)

   そんなんじゃ、本和香糖ケーキのおいしさ半減だな!!"

 

 

 

(プッチーン!!!!)

 

" 何で、アンタに(って、こっちもアンタ呼ばわり)そんなこと言われなきゃならないの!!

   じゃあ、そのガツーンとした珈琲とやらを教えてくださいよ!!!

     もう一回試してみるから! それで、前より美味しくなかったら、

       落とし前つけてもらうからね!!   "

 

 

 

 

 

・・・・・ という、幼稚なやり取りがありまして、 この前作ったのが、コレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本和香スポンジクリーム掛け.JPG

 

 

今回は、生クリームを七分立てして(もちろんこちらにも本和香糖を使ってます)、ちょっと、

気を使ったソーサーにして見ました。

 

そして、問題の珈琲も、珈琲オタクの言うとおりに淹れてみました。。。。。

 

 

 

 

で、そのお味は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 " マジ うめ~~!! 

 

    

 

 

 

 

 

    ケーキが!

 

 

 

 

 

   生クリームの油脂分が、本和香糖と見事にマッチして(これ、ちょっとゆるいぐらいが

   良いんですね、って自画自賛!)、それにちょっとたらした蜜が、見事に絡み合って、

   おいしさ三重奏!(彦馬呂風に!)って感じで、ナイスです!(村〇とおる風に!)でした。

   もちろん、普通のグラニュー糖でも良いんでしょうけど、見ての通り、ちょっとにごる感じが

   ナチュラルで、グー(エドはるみ風に!)ですね。

   いやいや、恐るべし、本和香糖。。。。

 

 

 

 

 

・・・・・おっと、忘れてた。

 

 

 

で、その珈琲との組み合わせは、どうだったかと言うと・・・・。

 

 

 

 

悔しいけど、オタクの言うとおり、ケーキにマッチしてました。(結構悔しい!!)

 

 

食い合わせって言うんでしょうか? お酒と肴、ワインと料理、はイメージ出来ますが、

ケーキに合う珈琲といのもあるんですね・・・・。(その道の人にとっては当たり前なのかな?)

 

 

ちなみに、その珈琲とは・・・

 

 " 本和香糖の甘さに合う珈琲は、いろいろあるだろうけど、あまり、珈琲に飲みなれて

   いない人には、インパクトの強いのが良いんだよ!特に、いつも、ブレンドしか頼まない

   お前みたいなのには、 マンデリンだな! マンデリン!俺が言うお店に行って、

   ちゃんとしたマンデリンください! って言って買いなさい。 (って、そんなこと言えるか!)

   それで、豆が良くても、ドリップのやり方分かんないと、ブタに真珠だから(いちいちウザイ!)

   誰でも美味しく淹れられる、フレンチプレスで淹れなさい。 "  と言われたのです。

 

なんだか、良く分からんのでしたが、その通りにしたら、美味しかった。

 

オタクいわく、その味を評して、

 " 良質なマンデリンを、フレンチプレスで、豆のおいしさを余すところなく丸裸にすることによって、

   その力強い、男性的な野性味あふれるコクを存分に楽しめる。"

 

  とのことでした・・・・。  

 

 

 

やれやれ・・・・・・。

  

 

 

 

こんにちは!

ほんわか社員です。

 

 

 

さて、前回の続き・・・・。

 

横浜、人形の家の1Fにある  " Cafe  Elliott  Avenue  " (カフェ エリオット アベニュー)

 

このお店に、本和香ロールを紹介しに伺ったのですが、そこで飲ませたもらったのが、

タイトルにある " ドライカプチーノ " 。

あまり聞いたことのないメニュー・・・・。

 

 

どんな感じかと言いますと・・・

 

 

ドライカプチーノ 2.JPG

 

カップに注がれたエスプレッソ。

 

そこに、固く(?)スチーミングされたフォームドミルクを注ぎます。

 

 

ドライカプチーノ 3.JPG

 

こんもりと山盛りです! たとえはおかしいですが、テレビのCMで出てくる吸着力の強い

洗顔フォームのようなキメの細かさともっちり感たっぷりです!。

 

 

 

 

 

さらに!上の画像のカップの横にあるおろし金で、氷砂糖を削ります。

 

ドライカプチーノ 4.JPG

 

画像では分かりにくいのですが、おろし金で削られた氷砂糖の粉(結構細かいのですよコレが!)が

フォームドミルクの上に、氷の結晶のように振りかかる様子は、ちょっと不思議な空気が漂います。

 

 

そして、最後に、ココアパウダーでアクセントです。

 

 

 

ドライカプチーノ 5.JPG

 

う~ん、素晴らしいですね。 飲むのがもったいないくらいの綺麗さです。

 

 

 

 

普通、カップに入っている飲み物は、口をつけて飲みますが、

このドライカプチーノは、表面のフォームドミルクがしっかりしすぎて(フタのようになってしまうのです)

直接飲めません・・・・。

 

 

ドライカプチーノ 6.JPG

 

 

なんと、スプーンですくって飲むのです!

それくらい、ミルクがしっかり立っちゃってるんです!

 

ミルクのすくう量と、底にたたずんでいるエスプレッソをどれだけスプーンに入れるかで

味わいが変わります。

エスプレッソの良質なコーヒー豆のエキスと、あま~い、あま~いフォームドミルクが、

とってもナイスなバランスでした。

 

こちらのお店は、ラテをオーダーすると、バリスタが席まで来て、目の前で、

ラテアートを描いてくれます。

なかなかこういうことを見せてくれるお店は少ないのではないでしょうか?

プロの技が目の前で見ることができるなんて!!

 

 

ラテ ハート.JPG

 

注がれてから、ずいぶん時間が経ってしまっているのに、模様が崩れません。

しっかりとしたラテアートの証拠です。。。

 

 

 

 

お若いバリスタが二人で切り盛りしている、" Cafe  Elliott  Avenue  "

オススメです!!

皆さんも、横浜に行ったら、是非 お立ち寄りください!!

 

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。