おいしい砂糖の食べ方の最近のブログ記事

 

marukichiLOGO.jpg

 

 

 

 

 

株式会社 竹内商店では、内勤業務のパートスタッフを募集しています。

一緒に"MARUKICHI SUGAR"を育ててみませんか?

ご興味ある方は、下記まで詳細お問合せください。


■お電話でのお問合せ:03-3666-7836(代)

 平日/AM10:00~16:00まで

「HPでスタッフ募集を見て」とお伝えください。

 

■メールでのお問合せ:info@takeuchi-shouten.co.jp

 

ご応募心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

去る11月2~4日に東京ビッグサイトにて行なわれました、


「IFFT interiorlifestyle living」では、沢山の方に弊社ブースへ


お立ち寄り頂き、誠に有難うございました。

 

 

私達の予想を遥かに越える反響を頂き、大変な驚きとともに、私たちが手探りで始めた


ご提案の方向性は正しかったのではないかと、少し確信を持てる結果となりました。

 

 

何よりも砂糖を囲んで、砂糖のお話を皆さまに一生懸命に聞いて頂けたこと、


そして、驚きの顔と笑顔。

 

 

まさに私たちがずっとご提供したかった、時間と空間がそこにありました。

 

 

いろいろなリクエストも頂き、また沢山のお引合いも頂いており、


本当に有難うございます。

 

 

小さな、小さな、製造現場も、品質のグレードは落とさず、皆さまのご要望に


お応え出来るよう、モチベーション高く頑張っております。

 

 

今後も"新しい砂糖のかたち"をテーマに、皆さまに砂糖を見直して頂けるような


商品開発をして参りますので、今後ともご支援の程、よろしくお願いいたします。

 

 

最後となりましたが、今回このような機会を与えて頂きました事務局様に


この場を借りてお礼を申し上げます。

 

                                 株式会社 竹内商店 
                                 代表取締役 竹内 信一

 

 

 

 

 

 

 

 

MARUKICHI SUGAR PolVoron.jpg

 

いつもMARUKICHI SUGAR並びに、上赤糖・本和香糖をご愛顧いただき


誠にありがとうございます。

 

 

3月~5月末までの期間限定商品としまして、ANA国内線(一部国際線)機内で


販売させていただいておりました、"MARUKCHI SUGAR"を使い分けたお菓子


ポルボロン」は、予想外の売れ行きと、茨城の製造工場がこの度の震災で被災し、


一時生産がストップした為品薄となり、販売におきまして多くのお客さまに


ご迷惑をお掛け致しました。心よりお詫び申し上げます。

 

 

弊社にも数々のお問合せをいただきましたが、ご要望にお応えする事が出来ず、


重ねてお詫び申し上げます。

 

 

6月以降、改めて生産体制を整えまして、地上でお買い求めいただけるよう


努力をして参りますので、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

なお、販売情報等は、当ブログまたはMARUKICHI SUGARウェブサイトにて

ご案内させていただきます。

 

 

 

                                       2011年5月27日

                                       株式会社竹内商店

 

 

 

 

 

東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

 

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

                                        株式会社竹内商店

 

 

 

 

 

 

 

弊社は、日本橋の蛎殻町(かきがらちょうと読みます)にあります。

本日(3月2日)~3月8日まで、まさにご近所!の"日本橋三越本店"さんの地下1Fで、

弊社オリジナルブランド「MARUKICH SUGAR」商品の試食販売を行なっています!

 

搬入.jpg

・昨晩の搬入時の画像by社長・

 

少しづつお取扱い店舗が増えている、かわいい子供たち。しかし、スペースの問題やお店の

雰囲気(トーン)があるので、全てのアイテムを採用いただいているところはありません・・・。

 

しかし!しかし!今回の試食販売では、あのマニア垂涎、幻の商品とも言われている

(ほんわ社員一押し!)の"Rock Sugar"を含めた全アイテムが勢ぞろいしています。

 

その空気感は、圧巻です!一見の価値あり!・・・・とわたしは思います!

 

若干、熱くなりましたが、ぜひお近くにお寄りの際は、ご覧ください。「あたらしい砂糖のかたち」を

実感していただけると確信しています。心からお待ちしております!!!

 

101110_175651.jpg

 

ただいま発売中の、文藝春秋社刊「CREA(クレア)12月号」は、まるごと一冊!お取り寄せ特集。

その"ヤミツキ調味料"に、本和香糖がラインナップされましたぁ~。

 

他のページもチェックしましたが、どうやら砂糖は「本和香糖」だけのようです!

 

嬉しいけど、淋しい・・・。

 

もっと、もっと、砂糖の良さをみなさんに知っていただくよう、微力ながら努力しようと

改めて感じました!

 

機会がありましたら、書店でぜひ、"本和香糖"チェックしてみてください!

 

よろしくお願いします!!

 

 

 

 

こんにちは!

ほんわか社員です。

 

最近急に寒くなってきましたが皆さんお元気ですか?

もうコートが必要な時期になってきましたね・・・。

 

 

 

さて、本日(10/28)にオープンした、 " コレド室町 " に行ってきました。

 

日本の御馳走 えん パンフ.JPG

 

あいにくの雨の中、大勢のお客さんがいらっしゃってました。

 

 

さて、さて、私のお目当てはというと・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の御馳走 えん キューブタワー.JPG

 

 

じゃ~ん!!

 

キューブタワーです。

 

 

 

 

地下一階にある、 " 日本の御馳走 えん "

" 日本全国のおいしい御馳走を集めた 和のコンセプトストア "

 

なんとこちらに、MARUKICHI SUGAR のキューブが採用されたのです!

(パウダータイプの4種類も同時採用! 画面下にちょっと見えてます・・・)

 

 

うず高く積まれた 64 Cubes 。

オープン初日にして " 動いてますよ(店長談) " のうれしいお言葉。

今後の売れ行きが楽しみです。

皆さんも、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

興味深い商品がところ狭しと皆さんを待ち受けてますよ!

 

 

 

他の商品を見ていたところ、とっても気になる商品がありました。

(思わず即買い!でした。)

 

 

 

日本の御馳走 えん 秋富士せんべい指し棒.JPG

 

あっ、ちょっとピンがぼけてますね・・・。

 

日本の御馳走 えん 秋富士せんべい.JPG

 

 

なんとびっくり! 

" 手焼きせんべい 秋富士 一味 "

 

 

何が、ほんわか社員の琴線に触れたかというとですね、

 

これは非常に個人的な好みなので、人によっては

" バッカじゃないの! " という方や " ????? " という方が

多数いらっしゃいますが、以下ポイントを箇条書きにしてみました。

 

 

 

 

 

1.富士山の形を模した食品は数多く、その形状の完成度に細心の注意が

  払われていることが多いと言えども、このせんべいの完成度が非常に高いということ。

 

2.溶岩が山肌に露出している感じが、パーフェクトに再現されていること。

 

3.サイズ感が抜群にすぐれていること。

  やもすれば、富士山の雄大さを意識するあまり、

  タテヨコ20cmぐらいの大きさにしがちだったり、逆に "小さい方が か~わいい!"的な

  安易な発想で一口サイズにしがちなところを、ぐぐっとこらえて、おせんべい本来の、伝統的な

  あの大きさ、そう、 "パリポリ三三七拍子" を頑なに守ったと思われるそのサイズ感に、

  せんべいに対する深い思いを感じることができたことはこの上ない幸せでした。

  (ちなみに "パリポリ三三七拍子" とは、おせんべいを食べきる際の心地よいサイズ感を

   的確に表現した言葉で、その名のとおり、おせんべい一枚を、三三七拍子のリズムで

   "パリポリポリ、パリポリポリ、パリポリポリポリパリポリポリ" で完食できる大きさを指します) 

 

そして、上記のような、ほんわか社員の心をぐっと掴んだストレートな魅力のほかにも、

 

4.商品の左右にシール目を施した、その意外性。

  通常、シール目は袋を正面にした場合に天地くることが多い中(特におせべいは多いです)、

  あえて左右に持ってきたその真意は?(左右シール目はクッキーなどの洋菓子に多いです)

  

  とっても気になる点です。

 

5." おせんべいに一味 "という鉄板ともいえる組み合わせの、その真意は?

 

  非常に細かい話、かつ、そんなことはどうでもいいよ!ほんとに!と強く主張されることを

  甘んじてお受けせざるを得ない中、ほんわか社員的にはゆずれない点です。

 

 

  それは何かというと・・・・・・。

 

 

 

  このトッピングされた一味は、どのような意図だったのか? です。

 

  本当に "そんなことどうでもいいじゃん?" と思われる方には申し訳ないのですが、

  どうしても気になるのですよ、ほんわか社員は。

 

  で、その仮説として考えたのが、

 その1、 単純に " せんべいと一味 "の組み合わせが鉄板だったから。

       そこに、富士山という要素は加味されていない。

 

 その2、 富士山の最大の特徴である、"噴火" というイメージを一味のトッピンで表現した。

 

 その3、 品名である "秋富士" にあるように、 "秋"="紅葉" をイメージして

       紅葉した木々の様子をイメージして、七味ではなく、あえて、彩りの鮮やかを

       強調できる、一味をトッピングした。

 

 その4、この夏も、大勢の登山客が "ご来光" を拝みに山頂を目指したことに敬意を表して、

      ご来光が山肌を照らす様子を一味で表現した。

 

 

 とまあ、こんな予想を立てたのですが、やはり、気になるのは、

 " 秋富士 " という品名ですね。 

 その3の "秋=紅葉"のセンが本筋と思われますが、

 "毎年富士山登ってま~す、 ほんわか社員は" 的には、どうしても腑に落ちない点があり、

 素直に結論出しできないんですよ、これが。。。

 

 というのも、富士山は 6合目から7合目を境に、いわゆる、"森林限界" という高度となり

 葉が紅葉する樹木がないんですね。

 にもかかわらす、あえて!そのことを無視して、あくまでも 

 " 秋=紅葉 " のイメージを前面に出したのか、

 いやいや、そんなことではなく、 ちょっと分りにくいけど、話としてはうなずける その2の

 溶岩説なのか(一味=辛い=火を噴く=溶岩の4段スライド理論なのか)、

 非常に悩ましいところですね。

 

 といいながらも、"山肌を照らすご来光" というのも、絵的には美しいですし、

 

 いやいや、その1 と その2 のミックスとも考えられなくもないし・・・・。

 

 

 う~ん、ホント 悩ましいところですね。。。。。。。。。。

 

 

以上、上記のどうでも良いと判断されることが多いであろう内容につきましては、

私、ほんわか社員の、とっても個人的なものですので、軽く読み流していただけるよう

切に希望します・・・・。

       

 

 

 

 

 

今日も日本橋界隈は、この時間(18時)になっても"ムッ!"とした熱気で本当に暑いです。

 

秋は来るのかな?なんて思ってしまいますが、確実にやって来ているんでしょうね。

 

この暑さですとついつい、冷たいビールに手が出ますが、日本酒ではそろそろ

ひやおろし」の声が聞こえて来ました。

 

キンと冷えた日本酒もいいものです。

 

さて、そんな日本酒と砂糖(みつ玉)がコラボしました!

 

上赤糖・亜麻を製造する際に、さとうきびの蜜分が固まったものを「みつ玉」と言います。

これは、細かく砕いて製品に入れたり、再度溶かしたりと、みつ玉そのものが市場に

出ることはありません。

 

しかし、やわらかな口どけと上品な甘さ、そしてすっきりとした後味。その味わいは

上質な和菓子のよう。まさに自然の甘みが口に広がる逸品なのです。

 

ご縁があって知り合った、埼玉県上尾の酒蔵「文楽」さんにお話ししたところ、とても「みつ玉」の

味わいを気に入ってくださり、日本酒と砂糖のコラボが実現しました!!

 

日本酒のあてに砂糖?って、何ですか?と思いますよね。普通。

 

そこは、さすが日本酒のプロ!いろいろテイスティングしていただいた結果、3年ものの古酒

桃栗」と言うお酒ととても合う!と言う話になりました。

 

10年ものの古酒では合わず、3年もの「桃栗」の甘みと風味にみつ玉がベストマッチ!

だと言う事です。

 

先日、昼間から試飲をしました!

 

トロッとした「桃栗」の甘さと「みつ玉」の上品な甘さが、口の中で一体となり、ノドを通る時には、

日本酒であることを忘れてしまうくらい。  初めての味わいです!

 

とても豊かな気分と、ちょっとしたご褒美気分が同時に味わえる感じです。

 

日本酒と砂糖なんて、とても不思議な組み合わせですが、上質なもの同士は合うものなんですね。

とてもびっくり&感心してしまいました。まだまだ、砂糖は奥深いぞ!!

 

こんな素敵な組み合わせはぜひ、みなさんにも体験していただきたい!と言う事で、池袋西武

地下、お酒売場で販売していただいております!

 

ぜひ、日本酒(桃栗)&砂糖(みつ玉)を体験してみてください!!

 

暑いです。朝は少々曇っていたのに、いま、日本橋界隈はドピーカン!

気温もだいぶ上がっているようです。

先程、営業に出て行ったNくん。本当にお疲れ様です!

 

さて、話は変りまして。

弊社は、12月が本決算となっており、先月6月は半期の締め。
と、言う事で先週末恒例の「打ち上げ」を行いました!

今回は、新たにMARUKICHIの仲間になった、Iさんの歓迎会も兼ねて行いました。

 

場所は、ほんわか社員いきつけの店。

人形町「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」さん。(行列で有名な、玉ひでさんの向かい)

フランス人の"ロランス"さん経営する、フランス家庭料理の店です。

私も、何度かお邪魔した事があるのですが、雰囲気、価格、ボリュームともに
非常にバランスの良いお店です。ただ、難点は20時30分閉店なんです・・・。

なので、18時からスタート!今回も料理、お酒ともにおいしく頂きました!

 

NEC_0324.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑食べるのに一所懸命で、画像が1枚しかありません・・・。

 

ご馳走さまでした!!

 

2次会は、必ず決まった場所に行く事になっています。

「明日、コーヒーインストラクターのテストがあるので」と、先に帰ったほんわか社員を見送り
タクシーへ。

秘密のバーへ向いました・・・。予約をしていたので、すぐに入れましたが
意外と混んでいました。
(数年前、年末の打ち上げの時、満席で入れず淋しい思いをした事がありました・・・)

 

都心の夜景を見ながら、いろいろ話は尽きず、「後半期も頑張ろう!」と
英気を養った夜となりました。

 

みなさん、本当にお疲れさまでした!!

 

また、年末の打ち上げで楽しく飲めるように頑張りましょう!!

 

そうそう、今回残念ながら、参加出来なかった「秘密基地」のメンバーも
次回はぜひ!!

 

 

いつも当ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

本日、6月9日(水)~15日(火)まで伊勢丹新宿店B1F・洋特選売場「プラ・ド・エピスリー」にて、

弊社オリジナルブランドMARUKICHI SUGARのプロモーション販売を行なっています。

今回は、"AQUA(液体の砂糖)"のご試食をして頂いております。

もちろんCUBEのご試食も可能です。

 

また、お得な商品もラインナップいたしましたので、この機会にぜひ、ご覧ください!

 

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちおいしい砂糖の食べ方カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはほんわか社員ひとりごとです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。