トップページ > レシピ > 2008年7月のレシピ

   2008年7月のレシピ

今月のレシピは"夏野菜と温泉卵の亜麻ジュレかけ"です。
亜麻を使ってコクを出し、生姜をお酢の風味が利いたジュレと、 これからが旬の夏野菜を食べやすい大きさに切って、温泉卵と一緒に味わいます。 ジュレ、野菜、温泉卵の3つが、口の中で混ざり合い、とても良い食感です! 見た目も綺麗で、作り方も至ってシンプル。家族みんなでワイワイ楽しく作れます。 亜麻を使うと隠し味もひと味違う!!上赤糖の魅力を実感して頂きたい一品です。

 夏野菜と温泉たまごの亜麻ジュレがけ

夏野菜と温泉たまごの亜麻ジュレがけ
鈴木先生の“ココがポイント★”
夏野菜をたっぷり入れた具沢山の料理です。暑くて食欲がない時でも、おいしくいただけるヘルシーメニューです。温泉卵と、生姜を入れた亜麻ジュレとの相性はよく、ご飯のおかずにもお酒の肴でもよい一品です。温泉卵をよくまぜてお召し上がりください。
  • 実作業時間 約25分間
  • 1人分のカロリー 220kcal
  • 1人分の塩分 2.7g
  • 素材
    材料(4人分)
    材料

    温泉卵

    茄子

    ミニトマト

    オクラ

    ゴマ油

    白いりゴマ

    4個

    1個

    6個

    6個

    大さじ1

    少々

    少々

    亜麻ジュレ(4〜5人分)

    だし汁

    粉ゼラチン

    醤油

    亜麻

    みりん

    おろし生姜

    300cc

    5g

    大さじ4

    大さじ4

    大さじ2

    大さじ2

    大さじ1.5

    小さじ1




      亜麻ジュレの準備

    1. 器に水を大さじ2(分量外)を入れ、粉ゼラチンをふり入れる。よくかき混ぜ、そのまま約5分間おく。
    2. 小鍋に、だし汁、醤油、亜麻、酒、みりん、おろし生姜を入れ、中火で温める。亜麻が溶けたら火を止め、1.のゼラチンを手でちぎりながら入れ、溶けるまで静かにかき混ぜる。
    3. 最後に酢を加え、容器に移したら、冷蔵庫に入れて冷やし固める。固まったら、フォークで崩す。
    1. 茄子は1cm角に切り、水につけアク抜きをする。
    2. オクラは塩をまぶし、うぶ毛をとるように揉む。熱湯で茹でたら、ザルに取り冷ます。ヘタをとり、厚さ3o位の小口切りにする。
    3. ミニトマトは、縦4つのくし形切りにし、さらに横半分に切り分ける
    4. 熱したフライパンにごま油を入れ、水気をきった茄子を中火で炒める。ごま油が全体回ったら、塩をひとつまみふり入れ、皿に移し、そのまま冷ます。
    5. 器に温泉卵を割り入れ、周りに亜麻ジュレをかける。1.と2.の野菜を全体に散りばめ、最後に白いりゴマをふりかける。