トップページ > レシピ > 2008年9月のレシピ

2008年9月のレシピ

今月のレシピは、チャイルドクッキングの鈴木真由美先生の”漆ソースのさつまいもクレープ”です。 上品な甘さの本和香糖の生地に、コクのある漆とくるみでいただきます。クレープの中はさつまいもの餡と生クリームがたっぷり!刻んだくるみが食感のアクセントになっています。食欲の秋に向け、食べすぎ注意!のくせになりそうな一品です。

 漆ソースのさつまいもクレープ

漆ソースのさつまいもクレープ
鈴木先生の“ココがポイント★”
さつまいもの風味とコクのある生クリームが本和香糖の甘さによくあい、さらに2つのクリームを合わせると、よりまろやかな味になります。また、黒糖風味の漆ソースをつけることにより、味に深み が出て、上品な味に仕上がります。ソースの量は好みで調整してください。
・実作業時間 50分
・1個分のカロリー  353Kcal
(電子レンジを使用してさつまいも餡を作る場合1個分のカロリー 356Kcal)
・1個分の塩分    0g
素材
材料6個分
クレープ生地

薄力粉

牛乳

砂糖(本和香糖)

無塩バター

サラダ油

50g

少々

130cc

1個

大さじ1.5

10g

少々

クリーム

生クリーム

砂糖(本和香糖)

バニラエッセンス

120cc

大さじ2.5

少々

さつまいも餡

さつまいも

砂糖(本和香糖)

生クリーム

ラム酒

150g

50g

大さじ4

小さじ1

漆ソース(6〜8個分)

砂糖(漆)

100g

大さじ3

盛り付け

クルミ(中身用)

クルミ(デコレーション用)

砂糖(漆)(デコレーション用)

20g

適宜

適宜



    下準備
    ・薄力粉と塩を合わせて2回ふるっておく。
    ・バターを溶かしておく。
    ・クルミ20gを包丁で粗く刻んでおく。

    クレープを焼く
  1. ボールに卵を割りほぐし、本和香糖を加えて泡だて器でよく混ぜ合わせる。
  2. 牛乳を少しずつ加え、最後に溶かしバターを入れ混ぜる。
  3. ふるっておいた薄力粉と塩を少しずつ加えながら、なめらかになるまで泡だて器で混ぜてあわせる
  4. 3をこし器に通し、ラップをかけてそのまま30分間ねかせる。
  5. 熱したフライパンにサラダ油をうすくひき、4を流して全面に広げ、中火で両面を焼く。焼けたら冷ましておく。
    ソースを作る
  1. 小鍋に漆と水を入れ、弱火にかける。
  2. 漆が溶け、沸騰し始めて泡が出てきた状態になったら火を止める。器に移し、冷蔵庫でとろみがつくまで冷やす。
    さつまいも餡を作る(蒸し器を使用する場合)
  1. さつまいもを厚さ1.5cm位の輪切りにし、蒸気の上がった蒸し器に入れ、柔らかくなるまで蒸す。皮を取り除き、 熱いうちに裏ごしをする。
  2. 鍋に1と本和香糖を入れ弱火にかける。本和香糖が溶けたら、生クリームを 少しずつ加え、とろっとするまでへらでかき混ぜる。火を止め、ラム酒を加え混ぜ合わせる。
  3. 2を器に移し、粗熱がとれたらラップをして冷蔵庫で冷やす。
    さつまいも餡を作る(電子レンジを使用する場合)
  1. さつまいもは皮を剥いて1cm角に切り、水にさらしてアクを抜いた後、耐熱ボールに入れる。 生クリームを加え、ラップをして電子レンジでさつまいもがやわらかくなるまで約5分間(500w)加熱する。 (均一に火が通るために、途中さつまいもをかき混ぜる)
  2. やわらかくなったさつまいもをつぶし、裏ごしする。小鍋に水大さじ1(分量外)と本和香糖を入れ弱火にかける。 本和香糖が溶けたら1を加え、とろっとするまで練る。火を止め、最後にラム酒を加え混ぜ合わせる。
  3. 2を器に移し、ラップをして冷蔵庫で冷やす。
  4. ※電子レンジで加熱すると、さつまいもの水分が出てしまうので、生クリームを少し多くして加熱し、均一に火を通らせるため、 さつまいもを小さめに切ります。
    電子レンジを使用する場合は、材料を下記の分量に変更してください。
    生クリーム  大さじ4  → 大さじ5
    ラム酒  小さじ1  →  小さじ1/2
    盛り付け
  1. さつまいも餡とクリームをそれぞれ6等分に分ける。
  2. クレープを広げ、中央にさつまいも餡をのせ、刻んだクルミを散りばめたら、上に泡立てたクリームを重ね、四角に包む。
  3. 皿に2のクレープを盛り、周りに漆ソースを流し、飾り用のクルミを散りばめる。ふるった漆をかけ、クルミをのせる。