トップページ > レシピ > 2008年11月のレシピ

2008年11月のレシピ

今月のレシピは、チャイルドクッキング主宰の鈴木真由美先生による、本和香糖のキャラメルチュイールです。 今回は同じレシピでも砂糖を変えることによって、その味わいの違いを楽しめるレシピです。 本和香糖のもつ透明感のある甘さに、オレンジピールのほのかな苦味とキャラメルの濃厚さが程よいバランスで味わえます。 同じレシピでも、砂糖を亜麻へ変えることで深いコクのある甘さが強調されて、また本和香糖とは違ったおいしさです。 伝統的なこのお菓子のシンプルなレシピには、こだわりの材料を使うことで、ワンランク上のおいしさが生まれます。 是非皆様もそのおいしさを体験してください!

 本和香糖のキャラメルチュイ―ル&亜麻のキャラメルチュイ―ル

漆ソースのさつまいもクレープ
鈴木先生の“ココがポイント★”
本和香糖のまろやかな甘みとオレンジの香りがよくあうキャラメルのお菓子です。 「チュイ―ル」とはフランス語で「瓦(かわら)」の意味で、生地の形を丸めていますが、 お好みで平らなままでもいいです。本和香糖の代わりに、コクのある「亜麻」を使うと、また違った味が楽しめます。
・実作業時間 20分
・1個分のカロリー  32Kcal
・1個分の塩分    0g
素材
材料18枚分
クレープ生地

砂糖(本和香糖)

薄力粉

無塩バター

アーモンドスライス

オレンジの皮

オレンジの絞り汁

50g

大さじ2

25g

20g

1/2個分

大さじ1

※亜麻で作る場合は、砂糖(本和香糖)の代わりに砂糖(亜麻)を50g使用します。


    下準備
    ・生のアーモンドスライスを使う場合は、天板に広げ、100℃に温めたオーブンで15分間焼いて乾燥させておく。
    ・オレンジの皮をすりおろし、汁を絞っておく。
    ・無塩バターは溶かしておく。
    ・オーブンを180℃に予熱しておく。

  1. ボールに、本和香糖と溶かしバターを入れ、本和香糖が溶けるまでよく混ぜる。 その中に薄力粉とオレンジの皮、オレンジのしぼり汁を加え、最後にアーモンドスライスを入れ軽く混ぜる。
  2. ラップをかけ、生地がまとまるまで冷蔵庫で休ませる。
  3. 生地がまとまってきたら冷蔵庫から出し、小さじ1くらいずつスプーンですくい、オーブンシートを敷いた天板にのせる。ほんのりこげ色がつくまでオーブンで約10分間焼く。(焼くと生地が広がるので、間隔をあけて生地を天板にのせる)
  4. 焼けたら、オーブンシートごと網台にのせ、熱いうちにパレットナイフなどではがす。のし棒にのせ、ふきんなどを使って手で上から押さえ、カーブをつける。静かに網台にのせて冷ます。(生地が冷めると割れやすいので気をつける)