トップページ > レシピ > 2009年1月のレシピ

2009年1月のレシピ

今月のレシピは、料理愛好家 高橋静江さんによる "漆を使ったバルサミコ・ビネガーソース"と ”亜麻を使った葱味噌 " です。 どんな食材にもマッチする万能ソースの二品! ”洋”も”和”もどちらもOKです! その奥深い味わいは、漆と亜麻でなければ出せません。 旬の素材をさらにおいしく!思いつくままに、いろいろな食材とのマッチングを是非、お試しください!

 漆を使ったバルサミコ・ビネガーソース

高橋静江さんの“ココがポイント★”
このソースは、いろいろな食材の以外な一面を発見できますので、様々な組み合わせを試してみるのも楽しいと思います。
・実作業時間 10分
・1人分のカロリー  64Kcal
・1人分の塩分    2.2g
素材
材料1人分

バルサミコ酢

濃い口醤油

砂糖(漆)

にんにく(すりおろし)

大さじ3

大さじ3

大さじ1

小さじ1/2



  1. にんにく以外の材料を鍋に入れ、軽く混ぜてから弱火で煮立たせる。
  2. 1/2〜1/3になるまで焦がさないように煮詰める。
  3. 最後ににんにくを入れて火を止める。

牡蠣のバルサミコ・ビネガーソースがけ

牡蠣のバルサミコ・ビネガーソースがけ
高橋静江さんの“ココがポイント★”
片栗粉を振る時に茶漉しを使うと、薄く万遍なく粉を付けることができます。 牡蠣を焼くとき、最後に火を強くすることによって油切れが良くなります。
・実作業時間 15分
・1人分のカロリー  497Kcal
・1人分の塩分    5g
素材
材料1人分

牡蠣(小粒)

塩・胡椒

片栗粉

オリーブオイル

漆を使ったバルサミコ・ビネガーソース

5個

少々

適量

大さじ3

お好みの量



  1. 牡蠣の水気をキッチンペーパーで拭く。
  2. 牡蠣に塩・胡椒をして、片栗粉を振る。
  3. オリーブオイルで両面をカリッと焼く。
  4. 漆を使ったバルサミコ・ビネガーソースをお好みの量かける。

豚肩ロースのバルサミコ・ビネガーソースがけ

豚肩ロースのバルサミコ・ビネガーソースがけ
高橋静江さんの“ココがポイント★”
片栗粉を振る時に茶漉しを使うと、薄く万遍なく粉を付けることができます。
・実作業時間 15分
・1人分のカロリー  586Kcal
・1人分の塩分    4g
素材
材料1人分

厚切り豚肩ロース(脂身つき)

塩・胡椒

片栗粉

オリーブオイル

100g

少々

適量

大さじ3



  1. 豚肩ロースを4〜5cmに切る。
  2. 豚肩ロースに塩・胡椒をして、片栗粉を振る。
  3. オリーブオイルで両面をカリッと焼く。
  4. 漆を使ったバルサミコ・ビネガーソースをお好みの量かける。

亜麻を使った葱味噌

高橋静江さんの“ココがポイント★”
長葱を炒めすぎない事。また、味噌の種類によって塩分が違うので、味噌と砂糖の量は加減してください。 大変作りやすく、亜麻を使うことによって、より旨みが増します。 何より身近にある素材でおいしくいただけるのが嬉しいです。冷蔵庫で1週間は持ちますので、 多めに作り置きしてご飯やおにぎりの具に、湯豆腐にと、いろいろと活用出来る便利な一品です。
・実作業時間 10分
・1人分のカロリー  194Kcal
・1人分の塩分    3g
素材
材料1人分

長葱

味噌

砂糖(亜麻)

炒り白ゴマ

鰹節

ゴマ油

1本

大さじ1

大さじ1

小さじ1

小10g

小さじ1



  1. 長葱を縦に包丁を入れ、そのあと5mm位の小口切りにする。
  2. フライパンにゴマ油を熱し、長葱を軽く炒め、火を弱めて砂糖(亜麻)と味噌を入れる(砂糖と味噌が溶け合うように混ぜる)。
  3. 白ゴマと鰹節を加えて混ぜ、火を止める。

亜麻の葱味噌を使った調理例


*生椎茸の石付を切り、オーブントースターで4〜5分焼いて葱味噌をかけました。
*大根を竹串が通るまで煮て葱味噌をかけました。