トップページ > レシピ > 2009年3月のレシピ

   2009年3月のレシピ

今月のレシピは、水野剛宏シェフによる”早春のコースメニュー”です。 冬のコースメニューに続くコースメニュー第三弾! 牡蠣やイチゴなど、今が旬の食材を使ったレシピです。 上赤糖・本和香糖を使うことで、食材のおいしさをさらに引き立てています。 それぞれのメニューの完成度が高く、一品だけでも充分楽しめます。 ご家庭でも気軽に楽しめるよう、シンプルなレシピに仕立てていますので、 皆様、是非お試しください!

 早春のコースメニュー

ウドとタイのカルパッチョ、琥珀とリンゴ酢のソース 【ウドとタイのカルパッチョ、琥珀とリンゴ酢のソース】
リンゴ酢の酸味と琥珀のコクが絶妙なバランスになっています。ウドのしっとりとした食感も楽しめるさわやかな一品です。
牡蠣の漆とバルサミコ酢の軽い煮込み 【牡蠣の漆とバルサミコ酢の軽い煮込み】
バルサミコ酢との相性のよい牡蠣を、漆を使いコクをつけました。ソースの味に自信あり!の一品です。
牛のステーキ、本和香糖のピクルスのソース 【牛のステーキ、本和香糖のピクルスのソース】
洋の料理の要 "ソース”にこだわったレシピです。 本和香糖を使うことでソースに "ダシ”が効きました!
イチゴのソース、亜麻のムース添え 【イチゴのソース、亜麻のムース添え】
亜麻のソースに漬け込んだスポンジに、イチゴのスープを流し込み、 さらに亜麻のムースを乗せました。誰もが笑顔になるやさしいおいしさです。
■ウドとタイのカルパッチョ、琥珀とリンゴ酢のソース
ウドとタイのカルパッチョ、琥珀とリンゴ酢のソース
水野シェフの“ココがポイント★”
新鮮なウドを使用する。ソースは泡だて器でしっかりと混ぜる。タイのほかにサーモン、ヒラメ、ホタテ、タコなどでもOK。

・実作業時間 15分
・1人分のカロリー  245Kcal
・1人分の塩分    2g
素材
材料 4人分
材料

ウド

2本

タイ

200g

フルーツトマト
(4等分に切る。プチトマトなら半分)

1個

胡瓜
(スライスして塩をふっておく)

2本

カイワレ大根

1パック

マリネ液

・塩10g
・オリーブオイル 50g
・レモン汁20g

ソース

砂糖(琥珀)30g
・リンゴ酢20g
・オリーブオイル80g

  1. タイをスライスしてマリネ液をかける。
  2. ウドの皮をむき、薄く切り酢水につけておく。
  3. お皿にウドとタイ、キュウリを交互に並べ、トマトとカイワレをを盛り、ソースをかけて完成。
■牡蠣の漆とバルサミコ酢の軽い煮込み
牡蠣の漆とバルサミコの軽い煮込み
水野シェフの“ココがポイント★”
牡蠣の水気をよく拭き取る。牡蠣は強火でしっかりと焼く。弱火だと牡蠣のジュースが出てしまう。

・実作業時間 20分
・1人分のカロリー  485Kcal
・1人分の塩分    2g
素材
材料 4人分
材料

牡蠣

16個

人参
(薄く切り下ゆでする)

1本

白菜
(千切りにする)

8分の1個

ホウレンソウ
(下ゆでして食べやすい大きさに切る)

2束

マリネ液

砂糖(漆)50g
・バルサミコ酢100g
・オリーブオイル100g
(材料を混ぜ、火にかけて5分ほど煮立たせ、冷やしておく。)

生クリーム

・生クリーム100g
・レモン汁20g
・塩6g

  1. 千切りにした白菜を生クリーム100g、塩3g、こしょう3gレモン汁20gをふりかけて電子レンジで3分加熱する。
  2. 牡蠣の水気を取り、小麦粉をまぶして、フライパンにオリーブをオイルを引き、強火で焼き色がつくまで焼く。
  3. 焼いた牡蠣をマリネ液に着け、鍋でひと煮立ちさせ味を煮含める。
  4. 皿に白菜のクリーム煮を盛り、その上に牡蠣、ゆでた人参、 生の白菜を乗せ(分量外、お好みの量で)、ソースをかけて完成。
■牛のステーキ、本和香糖のピクルスソース
牛ハラミのステーキ、本和香糖のピクルスのソース
水野シェフの“ココがポイント★”
肉を焼き終わった後5分ほど放置する。

・実作業時間 20分
・1人分のカロリー  640Kcal
・1人分の塩分    4g
素材
材料 4人分
材料

ステーキ用牛肉100g

4枚

15g

ジャガイモ

200g

ルッコラ

1束

牛乳

200g

生クリーム

100g

ソース

コルニッションピクルス
(みじん切り)

60g

ケッパー
(みじん切り)

40g

白ワインビネガー

20g

オリーブオイル

50g

玉ねぎ
(みじん切りにして水でさらす)

4分の1個

黄色パプリカ
(みじん切り)

2分の1個

砂糖(本和香糖)

40g

  1. じゃがいもの皮をむき一口大に切り牛乳、生クリームを加え煮る。
  2. じゃがいもが柔らかくなったら、きべらでジャガイモをつぶし、液体と混ぜピューレ状にしていく。
  3. ソースの材料を混ぜ、味をなじませる。
  4. 牛肉に塩、こしょうをしてフライパンで中火で五分くらいかけて両面を焼く。
  5. 焼いた肉を切り分け、皿にじゃがいものピューレを盛り、肉を盛りつけ、ソースを肉の上に盛り、ルッコラを飾って完成。
■イチゴのスープ、亜麻のムース添え
イチゴのスープ、亜麻のムース添え
水野シェフの“ココがポイント★”
生クリームをしっかり泡立てる。酸味の強いイチゴが適している。

・実作業時間 15分
(イチゴマリネ時間のぞく)
・1人分のカロリー  345Kcal
・1人分の塩分    0g
素材
材料 4人分
材料

イチゴ

400g

砂糖(本和香糖)

適量

砂糖(亜麻)

200g

生クリーム

1枝

スポンジケーキ生地

8g

ソース

砂糖(亜麻)20g
・水10g
・レモン汁10g

  1. イチゴに砂糖(本和香糖)をまぶし30分程度マリネし、ミキサーにかける。
  2. 生クリームに亜麻をいれしっかりと泡立てムースを作る。
  3. スポンジにソースをしみこませる。
  4. 皿の中央にスポンジを乗せ、イチゴのスープを流しいれ、ムースを乗せオレンジの皮を飾り完成。