トップページ > レシピ > 2009年11月のレシピ

2009年11月のレシピ

今月のレシピは、"自然な料理人 あだちひろみさん”による、”車麩の簡単中華風あんかけ”です。
”気取らず、気負わず、自然に料理を楽しむ”をモットーとして、出張スタイルでの料理の提供や、様々な場所での料理教室を開催するなど、活躍の場を広げているあだちひろみさんの今回のレシピは、中華料理の定番の”酢豚”をヘルシーにアレンジしました。
車麩の意外な食感が新鮮で、上赤糖・亜麻を使ったコクのあるあんかけと見事にマッチしています。
簡単、ヘルシースタイルを皆様も是非体験してください。

 車麩の簡単中華風あんかけ

車麩の簡単中華風あんかけ
あだちひろみさんの“ココがポイント★”
■野菜はさっと火に通すくらいで加熱しすぎない。しゃきしゃきの歯ごたえがあるほうが美味しいです。
■車麩にしっかり片栗粉をまぶすことで 油はねもなくカリカリに仕上がります。
・実作業時間 15分
(車麩を水に戻す時間は除く)
・1人分あたりのカロリー  368Kcal
・1人分あたりの塩分    3.4g
素材
材料2人分

きゅうり

パプリカ(赤・黄)

パイナップル(缶詰)

車麩

紹興酒

生姜汁

しょうゆ

片栗粉

米油

1本

各1個

2枚

2枚

大さじ2

大さじ1

大さじ1

適宜

適宜

A

米酢

紹興酒

しょうゆ

砂糖(亜麻)

ケチャップ

片栗粉

大さじ5

大さじ1

小さじ1/2強

大さじ3

大さじ3

少々

大さじ1



  1. きゅうりはひと口サイズの乱切り。パプリカ、パイナップルもひと口サイズにざく切り。
  2. 車麩は水で戻し軽く水気を絞り、6等分に切る。ボウルに紹興酒、生姜汁、醤油を合わせて切った車麩を浸して下味をつける。
  3. 2の車麩に片栗粉をしっかりまぶし、フライパンに多めに油をひいて両面をかりっと焼き揚げる。
  4. 3のフライパンに残った油で(多すぎる場合は少しペーパーで吸い取る)1を強火でさっと炒め、 3の車麩も一緒に合わせてひと混ぜしてから器に盛り付ける。
  5. 鍋にAの材料を入れ火にかけ、沸騰したら同量の水(分量外)で溶いた片栗粉でとろみをつけ、4にかけて出来上がり。