トップページ > レシピ > 2010年6月のレシピ

2010年6月のレシピ

今月のレシピ、”琥珀のつるりん豆乳デザート”。 名前の通り、つるんとした不思議な食感が楽しめるデザートです。 豆乳と琥珀を使い、片栗粉で、お餅のような弾力を出しました。 琥珀のシロップや、漆とオレンジジュースで作ったソースが、 もちっとした食感を引き立てます。 レシピのフルーツのほか、お好みのフルーツを加えてみても良いのでは? 皆さん是非お試しください!!

 琥珀のつるりん豆乳デザート

琥珀のつるりん豆乳デザート
鈴木先生の“ココがポイント★”
片栗粉で手軽に作ることができる、不思議な食感のお菓子です。オレンジとコクのある漆 を合わせたソースがよくあいます。生地を練る時、最初は練りにくいですが、次第にねっと りとして弾力のあるお餅になります。シロップは水に溶けやすい琥珀を使いました。暑い 夏にあうさわやかなデザートです。 
・実作業時間 20分
・1個分のカロリー  194Kcal
・1個分の塩分    0g
素材
材料4人分

豆乳(成分無調整)

片栗粉

砂糖(琥珀)

150cc

大さじ3.5

大さじ2

シロップ

砂糖(琥珀)

150g

大さじ1.5

ソース

砂糖(漆)

オレンジジュース(果汁100%)

150g

大さじ1.5

フルーツ

パイナップル(缶詰)

黄桃(缶詰)

キウィ

3枚

1個分

1個



  1. ソースを作る。小鍋にオレンジジュースと漆を入れ、よく混ぜ合わせる。 中火にかけ沸騰してきたら弱火にし、約1分間かき混ぜながら煮立たせる。 あくを取り除き、器に移したら冷蔵庫でとろりとするまで冷ます。
  2. 鍋に片栗粉と琥珀を入れ、混ぜ合わせたら豆乳を加え泡だて器で溶く。 (なるべく泡が立たないようにする)中火にかけ、のり状になったら弱火にし、 もったりするまで約2分間へらで練り続ける。火を止め、さらに1分間練ったら 水で濡らしたバットに流し入れ冷ます。
  3. シロップを作る。ボールに水と琥珀を入れ、琥珀が溶けるまでかき混ぜる。 2、を手で切り分け、シロップの中に入れる。
  4. 器にひと口の大きさに切ったフルーツと3、を盛り、シロップを入れる。 食べる時、上からソースをかける。