トップページ > レシピ > 2010年9月のレシピ

2010年9月のレシピ

先月初登場の山本美智子先生による、野菜と砂糖のおいしいメニュー第二弾! 「鶏肉と夏野菜の亜麻辛煮」と「トマトと生姜の琥珀グラニテ」の2品です。 「鶏肉と夏野菜の亜麻辛煮」では、甘辛煮に決め手になる砂糖を、上赤糖・亜麻を使って、 旬の野菜のおいしさを引き出しながら、コクと風味をプラスしています。 「トマトと生姜の琥珀グラニテ」では、トマトと生姜というカラダにやさしい素材に 上赤糖・琥珀を使って、ほど良い甘さとバランスをとっています。 野菜のプロである野菜ソムリエと、調味料を知り尽くした調味料マイスターの両方を持つ、 山本美智子先生ならではのアイデアが詰まったレシピをお楽しみください!

 鶏肉と夏野菜の亜麻辛煮

鶏肉と夏野菜の亜麻辛煮
山本美智子の“ココがポイント★”
お砂糖は夏の疲れたカラダをすみやかに元気にしてくれます。
亜麻辛だれがタップリからまった鶏肉と夏野菜、 トマトの酸味もきいて、ごはんがすすむ夏のごちそうです。
お酢のさっぱり感は食欲増進の手伝いをしてくれます。
・実作業時間 20分
素材
材料2人分

鶏もも肉

なす

トマト

ししとう

大葉

オリーブ油

1枚

2本

中2個

8本

2枚

適量

調味料 A

砂糖(亜麻)

酢(黒酢)

醤油

大さじ3

大さじ1.5

大さじ2

大さじ2


  1. 鶏もも肉は、5〜6等分に切ります。なすとトマトはひと口大に切り、ししとうはヘタを取ります。
  2. 鍋に油を熱して鶏肉を色良く焼き、なす、トマト、ししとうを加え、炒めます。
  3. 2、に調味料Aを入れ、中火で汁けが少なくなるまで炒め煮ます。
  4. 器に盛り、千切りにした大葉を添えます。

 トマトと生姜の琥珀グラニテ

トマトと生姜の琥珀グラニテ
山本美智子さんの“ココがポイント★”
お砂糖で、ココロに安らぎを!
ざくざくとしたデザートは、おしゃれな人気物!
冷たいデザートは冷えそうだけど、生姜は血行を促進し、体を温める作用があります。しょうがの辛味が刺激的!
トマトジュースにはリコピンがたっぷり、美肌効果と健康チカラがアップ!
・実作業時間 15分
素材
材料4人分

トマトジュース

生姜汁

砂糖(琥珀)

レモン汁

500cc

大さじ2
(お子様   大さじ1)

50g

大さじ1


  1. トマトジュースと生姜をすりおろした汁、琥珀を鍋に入れて、ゆっくり弱火で琥珀が溶けるまで混ぜます。沸騰させないように注意しましょう。火を止めて冷まし、レモン汁を加えます。
  2. 1、を保存用の容器に流し入れ、冷凍庫に入れ、冷やし固めます。   (途中、1時間ごとに1、2度フォークなどでかき混ぜるとよい。)
  3. 食べる時に、冷凍庫から取り出し、フォークなどでザクザクとくずしてから、器に盛ります。