トップページ > レシピ > 2010年10月のレシピ

2010年10月のレシピ

今月のレシピ、”パンプキン饅頭 亜麻のかぼちゃ餡入り” 秋と言えば、”いも、くり、かぼちゃ” その中のかぼちゃを使って、 おいしさタップリのお饅頭のレシピです。 餡には、裏ごししたかぼちゃに亜麻を加えて、甘さにコクを加えました。 そして皮には、本和香糖を使ってやさしい甘さを出しています。 独特のコクとキレのある甘さが特徴の本和香糖・上赤糖を使って、”甘さの質”にも こだわったレシピを、皆さん是非お試しください!!

 パンプキン饅頭 亜麻のかぼちゃ餡入り

パンプキン饅頭 亜麻のかぼちゃ餡入り
鈴木先生の“ココがポイント★”
かぼちゃの甘さと亜麻がよく合い、コクのある餡になります。今回は、バターと牛乳 を加え、まろやかな味の餡に仕上げました。本和香糖を使った皮と一緒に食べると、 より味わい深いお饅頭になります。10月31日はハロウィーンです。お饅頭にデコ レーションなどをしながら、かぼちゃのお菓子を楽しんでみて下さい。
親子クッキングを楽しもう
「練る」「丸める」「包む」という作業は、子どもは大好きです。また、出来上がったお饅頭に かぼちゃの皮の部分を利用しデコレーションをしたり、皮の生地を使って動物などの形を作る ことも出来ます。是非、お子さんとお喋りしながら一緒に作ってみて下さい。 餡を包む時、薄力粉を薄くつけたラップに皮の生地をのばし、上に餡をのせながら包むと、 お子さんでも包むことができます。
・実作業時間 45分
・1個分のカロリー  152Kcal
・1個分の塩分    0g
素材
材料8個分
饅頭の生地

かぼちゃ

砂糖(本和香糖)

薄力粉

ベーキングパウダー

80g(わたを取り除いたもの)

60g

90g

小さじ1

大さじ1.5

かぼちゃ餡

かぼちゃ

砂糖(亜麻)

無塩バター

牛乳

300g(わたを取り除いたもの)

70g

10g

大さじ2


    (餡を作る)
  1. かぼちゃを一口の大きさに切り、レンジ又は蒸し器で竹串が通るくらいにまでやわらかくする。皮の部分をはがし、中身を裏ごす。
  2. 鍋に、亜麻と牛乳を入れ弱火にかける。亜麻が溶けたら1、のかぼちゃを入れ練り合わせ、小さくちぎったバターを加え、なめらかになるまでよく練り混ぜる。 ヘラですくい落とし、山型に立つくらいになったら火を止め、バットの上にのせる。冷蔵庫に入れ固くなるまで冷ましたら、8等分に分け丸める。
    (皮の生地を作る)
  1. かぼちゃを一口の大きさに切り、レンジ、又は蒸し器で竹串が通るくらいにまでやわらかくする。皮の部分をはがし、中身を裏ごす。
  2. ボールに本和香糖と水を入れ、本和香糖が溶けたら1、のかぼちゃを加え混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるったものを1、に少しずつ加え、混ぜ合わせる。ラップをして、約20分間休ませる。
  4. 薄力粉をふったまな板に3、の生地を取り出し、よくこねる。耳たぶくらいの固さに調整したら8等分に分ける。
    (仕上げ)
  1. かぼちゃ餡を皮で包み、余分な粉をはらう。
  2. 蒸気の立った蒸し器に固く絞った布巾を敷き、その上にオーブンシートを敷く。
  3. 1、の饅頭を間隔をあけて並べ、全体に霧を吹く。
  4. 布巾をかけた蓋をし、強火で12分間蒸す。蒸したら蓋をあけ団扇で扇ぎ、表面につやを出す。うすく油をぬった盆ざるにのせ冷ます。
※お饅頭は、完全に冷めないうちにシートで1個ずつ包んでおくと、固くならずしっとり仕上がります。