トップページ > レシピ > 2011年3月のレシピ

2011年3月のレシピ

今月のレシピは、”自然な料理人 あだちひろみ”さんによる、”旬野菜の和風カレー”です。 気取らず、気負わず、自然に料理を楽しむをモットーに、現在、茨城県笠間市で、”茶寮 蔵人”で 料理の提供をしていらっしゃいます。 今回のレシピでは、旬野菜を使ったヘルシーカレーに、上赤糖・漆を使うことで、深いコクを出しています。 昆布だしや醤油との組み合わせとの絶妙なバランスを是非体験してください!

 旬野菜の和風カレー

旬野菜の和風カレー
あだちひろみさんの“ココがポイント★”
昆布だしと醤油を使った和風カレー。市販のカレールーを使うのと違い、脂っこくなく低カロリーであっさりしているのに、 漆を入れることで とってもコクのある仕上がりになっています。黒糖をブレンドした漆ならでは。カレーの味に深みとまろやかさがでます。
ごはんを炊くとき、3合につき 塩、酒を各小さじ1/2ずつ、3〜4cmにカットした、だし昆布を一枚、一緒に入れて炊くとカレーがより一層おいしく召し上がれます。このひと手間、ぜひお試しを!
お子様や辛いのが苦手な方は、唐辛子は抜いたり、カレー粉の量を減らしたり加減してみてください。
・実作業時間 45分
・1人分あたりのカロリー  490kcal
(ごはん100gの場合)
・1人分あたりの塩分    1.0g
素材
3〜4人分

麦ごはん

適量

1合につき大さじ1の押し麦を入れて、水分量は炊飯器目盛り通り普通に炊く

鶏もも肉

300g

れんこん

150g

ごぼう

120g

長いも

200g

人参

120g

菜の花

5〜6本

赤唐辛子

1本

ごま油

大さじ1

カレー粉

大さじ1

小麦粉

大さじ2

昆布だし汁

800cc

ローリエ

1枚

塩・こしょう

各少々

カレー粉

小さじ1

にんにくすりおろし

小さじ1/2

しょうゆ

大さじ1

ウスターソース

大さじ2

ケチャップ

大さじ2

粗塩

小さじ1/2

砂糖(漆)

大さじ2強


  1. 鶏もも肉は一口大に切り、Aをもみこんでおく。
  2. れんこんは7〜8mm幅の輪切り。(大きければさらにそれを1/2に切る。)ごぼう、人参は乱切り。長いもは1.5cm幅の輪切りにして大きければ1/2〜1/4にさらに切る。
  3. 菜の花は洗って塩ひとつまみ入れた熱湯でサッと湯がき、2等分に切っておく。
  4. 鍋にごま油と赤唐辛子を入れて熱し、1.の鶏もも肉を強火で焼きつけるように炒める。こんがりしたら、2.の野菜を加え、さらに炒める。油がよくなじんだら、 カレー粉を振りいれよく炒めなじませる。次に小麦粉を振りいれ粉っぽさがなくなるまで炒める。
  5. 昆布だし汁とローリエを加えよく混ぜ、煮立ったら中火にする。あくをとりながら、7〜8分煮て、野菜が半煮えになったらBを加える。
  6. ごぼうなどが柔らかくなるまで 20分ほどコトコト煮込む。
  7. 器にごはんをよそい、カレーを盛り付け、トッピングに菜花をそえてできあがり。