トップページ > レシピ > 2011年8月のレシピ

2011年8月のレシピ

今月のレシピは、初登場の食スタイル作家、大石淳子さんによる、「いちじくと柑橘のモロッコ風サラダ」です。 モロッコといえば、タジン鍋、クスクス、ミントティーなどが思い浮かびますが、今回は、旬の素材のいちじくと柑橘に、地中海地方ではポピュラーなスパイスとハーブを使って、夏にピッタリのレシピになっています。 濃厚ないちじくのねっとり感と、柑橘のさわやかな酸味、これだけでも十分においしい組み合わせですが、そこに 香菜(パクチー)が加わることで、さらにバランスの良さが感じられます。 ドレッシングにはシナモンを隠し味に、上赤糖・亜麻を加えることで、コクと風味がプラスされ、より味わいが深くなります。 素材の持ち味と、その組み合わせ、さらに味わいを高めるハーブとスパイスの使い方など、今回のレシピは、大石淳子さんならではのもの。 これからの季節にピッタリの心と体にやさしいレシピ、皆様、是非お試しください!

 いちじくと柑橘のモロッコ風サラダ

いちじくと柑橘のモロッコ風サラダ  
素材
材料4人分

いちじく

柑橘 (サンフルーツ、オレンジなど
お好みのもの)

紫玉ねぎ

香菜

上赤糖(亜麻)

オリーブオイル

赤ワインヴィネガー 

シナモン

2個

1個

1/4個

少々

小さじ2

小さじ2

小さじ1

少々

小さじ1/4


  1. 紫たまねぎは薄切りにして塩をまぶし、少しおいて水気を切る。
  2. いちじくと柑橘は、食べやすい大きさに切る。
  3. 上赤糖・亜麻、オリーブオイル、赤ワインヴィネガー、シナモンを混ぜあわせ、2.を加えてあえる。
  4. 器に3.を盛りつけて1.をのせ、香菜を添える。