トップページ > レシピ > 2011年9月のレシピ

2011年9月のレシピ

今月のレシピは、チャイルドクッキング主宰の鈴木真由美先生による、「サンマと亜麻のライスカナッペ」です。 旬のサンマを、亜麻のコクと醤油の香ばしさでこっくりと仕上げました。そのまま食べても美味しいですが、 ゴマ入りご飯のカナッペの上に乗せることで、ワンランクアップします。見た目もきれいなので、おもてなしメニューにもぴったりです。 皆様、是非お試しください!

 さんまと亜麻のライスカナッペ

さんまと亜麻のライスカナッペ
鈴木先生の“ココがポイント★”
脂がのった旬のサンマを使ったカナッペです。サンマをコクのある亜麻を使った甘辛い煮汁とからめると、ご飯が進みます。 今回は、香ばしいゴマ油で焼いたご飯のカナッペの上にのせました。お酒の肴にも合い、又、お魚が苦手なお子さんでも美味しく食べることができます。カナッペ以外に、丼ぶりやお弁当のおかずにも合います。
・実作業時間 約30分
・1個分のカロリー  93Kcal
・1個分の塩分    0.3g
素材
材料16枚4人分

サンマ

ご飯

白いりゴマ

薄力粉

水菜

焼き海苔

マヨネーズ

白いりゴマ

ゴマ油

2尾

茶碗2杯分(約300g)

大さじ1

大さじ1.5

ひとつまみ

1/2〜1束

2枚

適量

(トッピング用) 適量

大さじ1

合わせ調味料

醤油

砂糖(亜麻)

みりん

大さじ1.5

大さじ1

大さじ1

大さじ1


  1. サンマは三枚におろし、皮をむく。キッチンペーパーで水気をとり、1本を縦4つに切る。
  2. 合わせ調味料の材料を合わせる。
  3. 水菜は、葉の部分を切り取り、水で洗ったらキッチンペーパーを水気をとる。
  4. 熱したフライパンにゴマ油 大さじ1/2を入れ、中火でサンマを焼く。サンマの両面に焼き色がついたら、フライパンの油をキッチンペーパーで軽くふき取り、 合わせ調味料を回し入れ、弱火で煮る。一度サンマを返し、煮汁が半分になったら火を止める。
    *サンマは形が崩れやすいので、静かに返して下さい。
  5. ボールに温かいご飯を入れ、薄力粉と白いりゴマ、塩を加える。ヘラでよく混ぜ合わせたら16個分に分け、それぞれう丸い形にうすくのばす。(ラップにご飯を挟み、手で伸ばすと作りやすいです)
  6. 熱したフライパンにゴマ油大さじ1/2を入れ、5.のご飯を両面焼く。焼き色が付いたら、バットなどに移す。
  7. ご飯の大きさより、少し大きく切った焼き海苔を皿にのせ、その上に焼いたご飯、水菜の葉、焼いたサンマをのせる。
  8. サンマの煮汁を弱火にかけ、少しドロッとしてきたら火を止め、7.のサンマの上に少しかける。
  9. 最後にマヨネーズ、トッピング用の白いりゴマをふりかける。