トップページ > レシピ > 2011年10月のレシピ

2011年10月のレシピ

今月のレシピは、カラーセラピストの塚原恵さんによる、”渋皮栗とお米のムース”です。 ムースを2種類作るレシピになっていますが、それぞれの素材に合わせて砂糖も使い分けています。 渋皮栗のムースには、コクのある上赤糖・亜麻を、お米のムースには本和香糖と、まさに甘さの質を ”使い分け”。食べて納得の砂糖と素材のベストマッチです。 渋皮栗も上赤糖・亜麻を使うのがさらにおいしくなる秘訣ですが、すぐに作りたい方は市販の渋皮栗を使うのも、おススメです。 ポイントは2つのムースの食感とその微妙な色合いです。渋皮栗の刻み方や、お米の砕き具合、さらに、生クリームの泡だて方も こだわったこのレシピ。まずはレシピ通りに、そして次は自分なりのアレンジレシピで挑戦してみても楽しいかも? 上赤糖・亜麻と本和香糖が織りなす、ワンランクアップの甘さが実感できるこのレシピ。皆様是非お試しください。

 渋皮栗とお米のムース

渋皮栗とお米のムース
塚原恵さんの“ココがポイント★”
上赤糖 亜麻のコクのある甘みと、栗はベストマッチ。
本和香糖は優しくご飯の甘さを引き立てます。
渋皮栗は市販のものでもできます
ゼラチンは粉の場合湯でふやかし、冷蔵庫でスタンバイ。板ゼラチンの場合、冷水でふやかし、冷蔵庫でスタンバイ。
栗とコーヒー・牛乳を加えた液体は30度程まで冷やしてから、生クリームを加えてください。
ご飯の液体も、30度程まで冷ましてから、生クリームを加えてください。
お米はミキサーにかけても粒が残ります。レシピはだいたい1・2分程度です。
お好みでゼラチンの量を減らし、柔らかく仕上げてもおいしいです。
・実作業時間 約120分
・1個分のカロリー  366Kcal
・1個分の塩分    0.2g
素材
材料5個分
渋皮栗のムース

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮

砂糖(亜麻)A

コーヒー

ラム酒

牛乳

ゼラチン

生クリーム

砂糖(亜麻)B

120g

5個(飾り用)

20g

大さじ1

大さじ1

100cc

5g

30cc

100g

10g

お米のムース

ご飯

牛乳

砂糖(本和香糖)

ゼラチン

生クリーム

60g

250g

50g

8g

40g

100g


渋皮栗のムース

  1. 渋皮煮の栗は汁気を取って5mm角程度に刻む。
  2. ゼラチンは30ccの湯でふやかしておく。
  3. 牛乳・コーヒーをレンジで温め、砂糖(亜麻)A、ラム酒を加えたら、ゼラチンを加えて溶かす。
  4. 生クリームに砂糖(亜麻)Bを加え8分立てにする。
  5. 冷ました3.に、4.を少しづつ加え、さっくりと混ぜる。
  6. 器半分位に流しいれ、冷蔵庫で冷やす。<30分ほど>

お米のムース

  1. ゼラチンは40ccの水でふやかしておく。
  2. ご飯・牛乳・本和香糖をミキサーでよく砕いて滑らかにする。
  3. ボウルにあけ、レンジで温め(500Wで1分程度)、砂糖(本和香糖)を溶かす。
  4. ゼラチンを加え溶かす。
  5. 生クリームを6分立てにし、冷ました4.に少しづつ加えて、さっくりと混ぜる。
  6. 栗のムースが固まったら上に流しいれ、さらに冷やし固める。お好みで栗を飾り、亜麻のお砂糖を少量ふるって出来上がり。