トップページ > レシピ > 2012年1月のレシピ

2012年1月のレシピ

今月のレシピは、チャイルドクッキング主宰の鈴木真由美先生による、「琥珀のさつまいもミルク大福」です。 お正月にちなんで、お餅を活用して手軽に作れるレシピに仕立てました。 さつまいもを使った餡には、程よいコクが特徴の上赤糖・琥珀を使用することで、優しい風味になります。 また、お餅にも上赤糖・琥珀を使うことで、餡とのマッチングも完璧です。 餡に、小さく切ったパイナップルを入れれば、程よい酸味がアクセントになり、また違った美味しさに。 中に入れるものを自由に考えて、あなただけのオリジナル大福に変身させても楽しいかもしれませんね♪ 是非お試しください。

 琥珀のさつまいもミルク大福

琥珀のさつまいもミルク大福
鈴木先生の“ココがポイント★”
お正月で残った切り餅を使って大福にしました。餅の生地に牛乳と琥珀を使っているので、時間が経っても固くなりにくく、まろやかな味になります。餡は、さつまいもを使いましたが、おせち料理で残った「栗きんとん」を使ってもよいです。その場合、少し固くなる まで鍋で練り混ぜて下さい。
・実作業時間 約40分
・1個分のカロリー  169Kcal
・1個分の塩分    0.1g
素材
材料8個分

切り餅

牛乳

砂糖(上赤糖・琥珀)

片栗粉

4個(約200g)

大さじ3

大さじ3

適量

さつまいも餡

さつまいも

牛乳

砂糖(上赤糖・琥珀)

バター

250g

150g

80g

10g


さつまいも餡を作る

  1. さつまいもの皮をむき、ひと口の大きさに切り、鍋に入れる。牛乳を加え、さつまいもがやわらかくなるまで弱火で煮る(約10分間)
  2. さつまいもをつぶし、琥珀とバターを加え混ぜたら、裏ごしする。鍋に戻し、餡が少し固くなるまで弱火で練る(1〜2分間)
    *餡の固さは、ヘラですくい落とし、山型に立つくらいを目安にする。
  3. バットに入れ、冷蔵庫に入れ冷ましたら、8等分にする。

生地を作る

  1. 餅を1p角に切り、耐熱ボールに入れ、牛乳を加える。
  2. ラップをして、電子レンジ(600W)で3分30秒間温める。
  3. 水で濡らした木べらやすりこぎなどで、生地がまとまるまで練り混ぜる。琥珀を2回に分けて入れ、なめらかな生地になるまで混ぜる。(粗熱がとれたら、手の拳でつきながら混ぜてもよい)
  4. バットに片栗粉を広げ、3.を8等分にちぎってのせる。

餡を包む

  1. 生地の粗熱がとれたら、片栗粉をうすくまぶして手にとり、餡を包む。