トップページ > レシピ > 2012年4月のレシピ

2012年4月のレシピ

2012年4月のレシピは、料理愛好家 高橋静江さんによる ”桜色のいなり寿司”です。本和香糖と上赤糖・亜麻を、素材に合わせて使い分け、甘さの質にこだわりました。 さらに、酢飯のごはんを炊くのに、ハーブティーを使っています。炊きあがったごはんに本和香糖のすし酢を混ぜると…。これは、皆さん是非体験してください!とっておきのレシピになること間違いなし!

 桜色のいなり寿司

桜色のいなり寿司
高橋静江さんの“ココがポイント★”
※すし酢は米を油揚げにくるむ時に使用するので、少しだけ残しておくと良いです。

※米は炊きあがった時はくすんだ赤茶っぽい色ですが、すし酢をふりかけて混ぜると鮮やかなピンク色に変わります。
・実作業時間 50分
・1個あたりのカロリー  178Kcal
・1個あたりの塩分    0.8g
素材
材料12個分
油揚げ

油揚げ

醤油

砂糖(本和香糖)

みりん

だし汁

大9枚

大さじ2

大さじ2

大さじ2

大さじ2

1.5カップ



  1. 油揚げを半分に切り、中を開き、2分間熱湯で茹でて油抜きをします。
  2. ザルにあけて湯を切ったら、上から一度お湯をかけ、余分な油を流します。あら熱をとったら、押し絞って水気を落とします。
  3. 油揚げとだし汁を鍋にいれて弱火にかけ、フツフツと煮立ってきたら砂糖、酒、みりんを入れ5分ほど煮ます。最後に醤油を入れて煮ていき、煮汁が少し残るくらいまでになったら火を止め そのまま冷ましておきます。
酢飯

お米

ハイビスカス&ローズヒップティー
(市販のティーバッグタイプ)

2合

3袋

すし酢

砂糖(本和香糖)

大さじ3

大さじ1

小さじ1

椎茸の甘辛煮

干し椎茸

砂糖(上赤糖・亜麻)

醤油

みりん

3つ

100cc

小さじ2

小さじ2

小さじ1

飾り用

白胡麻

桜花塩漬け

お好み

お好み



  1. 鍋で沸騰させた500ccのお湯にティーバッグを3袋入れ、5分間煮出します。火を止めて、ティーバッグを取り上げて、常温になるまで冷まします。
  2. 研いだ米を煮出したお茶で炊きます。(固めに炊きあがるように水分量は水で調節してください。)
  3. すし酢は、耐熱容器にすし酢の材料を入れ、10秒〜15秒レンジにかけ、砂糖と塩を溶かします。
  4. もどした干し椎茸の石づきをとり鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火にかけます。沸騰したら醤油、みりんを入れ、水分が無くなるまで煮詰めます。
  5. あら熱がとれたらみじん切りにしておきます。
  6. 米が炊きあがったらすぐに飯台やボール等に米を入れ、すし酢をふりかけ、切るようにしゃもじで手早く混ぜて、椎茸の甘辛煮をみじん切りにしたものと白胡麻を加えて混ぜ、冷まします。
  7. 手にすし酢をつけて酢飯に少しつけて適量を丸めて、油揚げの中に入れ盛りつけます。
  8. 最後に白ごまと5分ほど水にさらして塩抜きをした桜花塩漬けをのせて完成です。