トップページ > レシピ > 2013年2月のレシピ

2013年2月のレシピ

今月のレシピは、チャイルドクッキング主宰の鈴木真由美先生による、「亜麻のりんごカスタード揚げ」です。 しっかりしたコクが特徴の上赤糖・亜麻を使ってりんごを煮ると、丸みのあるふくよかな甘さになります。 また、カスタードクリームに使う砂糖も、上赤糖・亜麻を使うと奥行のある甘さに、本和香糖を使うとりんごの 酸味がきれいに感じられる甘さになります。砂糖を変えるだけで出来上がりの味わいも変わります。白い砂糖では味わえない個性ある甘さを体感できる 甘さの質にこだわったレシピです。皆様、是非お試しください!

 亜麻のりんごカスタード揚げ

亜麻のりんごカスタード揚げ
*左がカスタードに上赤糖・亜麻を使用、
右が本和香糖を使用。
鈴木先生の“ココがポイント★”
りんごを亜麻で煮ると、コクのある甘さのリンゴになります。カスタードクリームは、本和香糖で作るとまろやかな甘さに、 亜麻で作るとコクがあり深みのあるクリームになります。パンに挟んでも美味しいです。お子さんと一緒に楽しみながら作ってみてください。
・実作業時間 約30分
・1個分のカロリー  68Kcal
・1個分の塩分    0g
素材
材料24個分

りんご

砂糖(上赤糖・亜麻)

レモン汁

餃子の皮

揚げ油

1個

50g

小さじ1

24枚

適量

カスタードクリーム

牛乳

砂糖
本和香糖もしくは上赤糖・亜麻

卵黄

薄力粉

バニラエッセンス

300cc

80g

3個分

大さじ3

少々


りんごを煮る

  1. りんごは皮をむき、1.5p幅・8o位の厚さに切る。
  2. 小鍋にりんご・砂糖(上赤糖・亜麻)・水大さじ2・レモン汁を入れ、中火にかける。
  3. 沸騰してきたら弱火にし、時々かき混ぜながら、りんごがやわらかくなるまで(約7分間)煮る。
  4. 火を止め、そのまま冷ます。

(A)カスタードクリームを作る

  1. ボールに卵黄と砂糖(本和香糖、もしくは上赤糖・亜麻)を入れ、混ぜ合わせ、さらに薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまでさらによく混ぜる。
  2. ぬるめに温めた牛乳を少しずつ加えながら手早く溶き混ぜる。
  3. 2.をこし器を通しながら鍋に入れ、弱火にかける。へらでかき混ぜ、もったりとしたクリーム状になったら火を止め、最後にバニラエッセンスを加える。
  4. 容器に移し、表面が乾かないようにラップをクリームと密着させるように覆い、冷蔵庫に入れて冷やす。

仕上げ

  1. りんごの汁気をきり、(A)のカスタードに混ぜる。
  2. 餃子の皮に1.を入れ、縁に水をつけてしっかり包む
  3. 中火で色よく揚げる。

※包んだ餃子は冷凍できます。
包んだら、直ぐにバットに間隔をおいて冷凍します。
揚げる時は、冷凍したまま揚げます。