トップページ > レシピ > 2015年5月のレシピ

2015年5月のレシピ

5月のレシピは、”ごはんつくる人”塚田樹さんによる、"アスパラとアンチョビの酒粕マフィン"。
女性に嬉しい食材の酒粕と、旬のアスパラガスを使いました。
琥珀の甘みが、アンチョビのほんのり塩味にマッチするお食事マフィンです!

 アスパラとアンチョビの酒粕マフィン

アスパラとアンチョビの酒粕マフィン
塚田樹さんの“ココがポイント★”
5、6で練り過ぎると固くなるので、手早くさっくり混ぜる。
酒粕のチーズのような風味と琥珀のコクが程よいお食事マフィンです。
・カロリー(1人分) 460kcal
・塩分(1人分) 1.65g
素材
材料マフィン型6個分

無塩バター

砂糖(上赤糖・琥珀)

薄力粉

酒粕

ベーキングパウダー

黒胡椒

アスパラガス

アンチョビ

牛乳

120g

40g

300g

80g

10g

1g

1g

2個

3本

3枚

160ml
(大さじ1は酒粕溶かす用に使用)


前準備

  • オーブンは200℃に温めておく。
  • 卵、牛乳、バターは常温に戻しておく。
  • アスパラガスは斜め切り、アンチョビはみじん切りに。
  • 酒粕に牛乳大1を入れ溶き混ぜる。
  • 薄力粉とベーキングパウダーはふるい、塩胡椒と混ぜておく。
  1. ホイッパーでバターをよく練る。
  2. バターがクリーム状になったら、琥珀を入れ更に混ぜる。
  3. 柔らかくした酒粕を入れ、練り混ぜる。
  4. 溶き卵を3回に分けて入れる。入れる度によくかき混ぜる。
  5. あらかじめふるった粉類を1/3程入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
  6. 牛乳1/2を入れ、手早くさっくり混ぜる。
  7. 5、6を繰り返す。
  8. アスパラガスとアンチョビを混ぜ入れる。
  9. 型に流し入れ、200℃のオーブンで20〜30分焼く。