トップページ > レシピ > 2017年12月のレシピ

2017年12月のレシピ

12月のレシピは、チャイルドクッキング主宰の鈴木真由美先生による“亜麻のシュトゥルーデル風”です。 オーストリアの伝統的なお菓子を、春巻きの皮で作るアイディアレシピ。手に入りやすい材料で簡単に作れるのに、上赤糖・亜麻で絶妙にまとまったリンゴやクルミ、レーズンの味わいが最高です。 オーブントースターで手軽に焼けるのも魅力です。クリスマスのお菓子にもピッタリ♪

 亜麻のシュトゥルーデル風

亜麻のシュトゥルーデル風
鈴木先生の“ココがポイント★”
リンゴとシナモンの相性はもちろんのこと、そこに上赤糖・亜麻が加わることで、よ り味わい深いお菓子になります。最後に上赤糖・亜麻をふりかけるのがポイント!さらに風味がアップします。
実作業時間 約30分
・1本分のカロリー  232Kcal
・1本分の塩分    0g
素材
材料4本分

春巻きの皮

溶かしバター

小麦粉

砂糖(上赤糖・亜麻)

4枚

10g

大さじ1

適量

中に入れる具

りんご

パン粉

くるみ

レーズン

砂糖(上赤糖・亜麻)

バター

レモン汁

シナモンパウダー

1個

20g

20g

30g

20g

15g

小さじ1

小さじ1/4

ホイップクリーム

生クリーム

砂糖(本和香糖)

1/2カップ

大さじ1


  1. フライパンにバターを入れ溶かし、パン粉が色づくまで中火で炒める。ボールに移し、砂糖(上赤糖・亜麻)とシナモンパウダーを入れ混ぜる。
  2. リンゴは4つ割りにし皮を剥いたら、幅1.5p厚さ5oに切り、レモン汁を混ぜる。
  3. 2.のリンゴに、1.荒く刻んだクルミ、レーズンを混ぜ合わせる。
  4. 春巻きの皮を広げ、4等分にした3.を手前にのせる。両端と巻き終わりの部分に水大さじ1で溶いた小麦粉をぬり、巻くようにして包んだら両端を押さえて止める。
  5. 巻き終わりを下にしてオーブントースターの天板にのせたら、溶かしバターを塗り、焼き色がつくまで約10分間焼く。
  6. ボールに生クリームと本和香砂糖加え、8分立てに泡立てる。
  7. 焼きあがった5.を切り分け、砂糖(上赤糖・亜麻)をふりかけたら、6.のクリームを添える。