トップページ > レシピ > 2019年12月のレシピ

2019年12月のレシピ

12月のレシピは、食スタイル作家の大石淳子先生による“かぶとバゲットのオーブン焼き”です。 お砂糖は牛乳、生クリームに相性の良い本和香糖を使用しています。 かぶの甘みとセロリの食感が絶妙にマッチングします。バゲットに溶け込む柔らかな甘味は、本和香糖で上品な味わいに仕上げています。 旬のかぶを使ったレシピ、冬の食卓に温かいメニューとして一品いかがでしょうか?

 かぶとバゲットのオーブン焼き

かぶとバゲットのオーブン焼き
大石淳子さんの“ココがポイント★”
バゲットは約1.5cm厚さを1切れの目安にしています。2.では砂糖に牛乳を少量ずつ加えよく混ぜてから、残りの材料を加えると混ざりやすいです。パルメザンチーズはお好みのハードチーズで代用できます。オーブンの温度と時間は加減してください。
素材
材料4人分

かぶ

バゲット

セロリ

パルメザンチーズ(おろしたもの)

植物油

2個

4〜5切れ

30g

少々

大さじ1/2

適量

A

生クリーム

牛乳

砂糖(本和香糖)

100ml

50ml

1個

大さじ2


  1. かぶは皮をむき5mmほどの厚さに切り、セロリは細かく刻み、塩をまぶします。
  2. Aを混ぜ合わせます。
  3. 1.をザルにあけて水気を切り、バゲットとともに2.と混ぜ合わせます。
  4. 耐熱容器に植物油を塗り、3.を流し入れて並べ、パルメザンチーズを振ります。
  5. 180℃に熱したオーブンで30分焼きます。